Return to site

緊急脱出用の英会話表現

· 海外

こんにちは。

岩瀬 晃です。

私が提唱しているペラペラ英会話上達法は、

基本的には「理屈」じゃなくて「感覚」に頼ろう

その壮大な「感覚」の力を呼び覚まそう

それをメインのスタンスでやっています。

その方が、楽しいし、ラクだし、そしてある「沸点」というか「到達点」を超えたら、理屈よりもはるかにすごいパワーを持っているからです。

そうは言っても

実際、外国人さんを前にして、何もしゃべれないと、如何にせん、「本当に何もしゃべれない!」ということになってしまいますので

今日は、外国人さんと話す時に役に立つ、「緊急脱出」的な表現を3つご紹介したいと思います。

これを知っていると、一方的にコテンパンにされた感じになってショボーンと帰ってくるとか、結局よくわからないうちに試合終了~ みたいなことを避けることができます。

① 相手がなんて言ったのか聞き取れなかった時

(Can you) say again?

もう一度言ってくれますか?

※ もしこれだと長くて言うのが難しいようなら

Pardon? (パードゥン?)

でも可です。(Pardonは、「ごめんなさい」という意味で、暗に「聞き取れなかったのでもう一度お願いします」というニュアンスを含んでます)

② 相手の話すスピードが速い時

Can you speak more slowly?

もっとゆっくり話してもらっていいですか?

※ 長ければ、

Slowly, please?

でもOKです。

③ 言いたいことを何と言っていいか分からない時

I don’t know how to say this ….

「これって何て言ったらいいかわからないなぁ・・・・」

※ 長ければ

How do I say this …

でも可です。

ちなみに③の表現は、留学中も日本で外資系に勤めていた時にも、実際によーく使ってました。で、この後に続けて ” It is like ~” 「それって~みたいな感じなんだけど・・・」)と、そのものズバリじゃなくて、こんな感じ?、みたいにだんだん外堀を埋めていくことで、勝手に相手が「それってこのこと?」みたいに察してくれたりします。

たとえば、仮に「ケチャップ」という単語が出なかったとしましょう。そしたら、「It is like, red ….. tomato …. sauce ….」 (それって赤くて、トマトで、ソースで、みたいな・・・) みたいに言っていけば、「ああ、ケチャップね?」ってわかってくれますよね。そんな感じです。

この3つの表現さえ知っておけば、とりあえず相手にペースを完全に取られることなく、むしろ自分のペースに会話を引きこむことができます。

基本的に外国は「自己主張」がベースにあるので、「わからない」なら「わからない」という主張をしても全くイヤとは思われないし、むしろそういう人の方が話しやすいと思ってくれるので、遠慮なくアピールしてくださいね! それが自分のためだけでなく、相手のためにもなるので。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly