Return to site

英語を聞き取れない「もう一つの理由」

· 発音

こんにちは。

アキラです。

先日受講生で、字幕なしであるシーンを聞いてる時

何度聞いても、「セニメナ」にしか聞こえなくて意味がわからなかったので

字幕を見てみたら「センチメンタル」(Sentimental)だった。

それでも何回聞いても「セニメナ」にしか聞こえない。

ということがあったそうです。

こういうケースって、他にもたくさんあると思うんですよね。

今日はこの現象を、「発音の仕組み」の観点から解き明かしたいと思います。

今日の解説を読んでもらえれば、ある意味、Sentimental の発音は、誰が言っても「センチメンタル」じゃなくて「セニメナ」になるのは当たり前、ということがわかると思います。

ちなみに、英語が聞き取れない代表的な理由として、「英語には日本語にはない発音がある」というものがあります。

「TH」の音とか「F」とか「V」の音、「R」や「L」の音、などなどです。

でも、今回の「センチメンタル」が「セニメナ」になるケースは、それとは違うんですね。

その「英語を聞き取れないもう一つの理由」を、今日は解き明かしていきます。

まず、Sentimental という文字を見た時、「nt」というのが2回出てきてますよね。

Sentimental

で、この「n」の発音と、「t」の発音

これは両方とも日本語にもある音なんですが(ナ行とタ行の音)

ちょっと今、「ナ」という音を出してみてもらえますか?

で、その時に、舌の先が最初にどこにつくかを覚えておいてください。

今度は、「タ」という音を出してみてもらえますか?

で、その時に、舌の先って、どこにつきましたか?

そう、「ナ」の発音をした時と、まったく同じところに舌の先がつきましたよね?

ちょうど、上の歯の裏あたりです。

つまり、「n」と「t」は、音が作られる場所が全く同じ、ということです。

ということはどういうことかというと、

「n」と「t」の音が続けざまに来る時は、どちらかの音が消えやすい ということです。

「Sentimental」の場合だと、先に来ている「n」の音だけが聞こえて、「t」は省略される感じになる、ということですね。

あと、これに拍車をかけていることがあります。

それは、「アクセント」の存在です。

日本語って、結構音が「ノッペリ」しているんですよね。

「冷蔵庫」「東京スカイツリー」「新幹線」「センチメンタル」

もう、なんでもいいですが

発音すると、音に起伏がないことがわかりますか?

ある意味、お経のような感じです。笑

これが英語になると、いわゆる「アクセント」(音の強弱)というのが思い切り発生するんですね。

「リフレッジレイター」

「トウキョースイトゥリー」

ンカンセン」

ナ」

こんな風に、赤字のところが大きく発音されます。

例えば僕は「アキラ」なのですが、必ず「アキィラ」と呼ばれます 笑

そんな風に、英語って、どこかにアクセントをつけないと気が済まないというか、そういう言語なんですね。

で、これは逆に言うと、弱く発音される音が出てくるということでもあります。

Sentimentalの場合だと、アクセントが「e」の部分につくので、

この「nt」のところは、弱く発音されることになる。

つまりは、なおさら「t」が省略されやすくなるってことなんですね。

ということで、

Sentimental

「センチメンタル」

ではなく

「セニメナ」

になるのが、ある意味「当たり前」ということなのですね。

いかがですか?

こんな風に冷静に発音を捉えられるようになると、案外英語の発音って怖くなくなるものなんですよ。

そして、そういう「英語の発音のカラクリ」を誰でも理解できるようになるのが、

僕が超絶オススメしている「目からウロコの「アメリカ式」発音改善法セミナー」のDVDです。

このページにあるセミナーを受講した人たちの声を読んでいただくと、

どれだけこの「発音法の理論」が素晴らしいものかをわかってもらえるかと思います。

英語の発音で悩んでいる、または発音をキレイにしたい!という方には、心からオススメしますよ^^

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly