Return to site

英語の「発音」をラクにマスターするには

· 発音

こんにちは。

アキラです。

「アキラ式英会話」では、理屈(文法・単語)をいったん手放して、感覚(なんとなくの世界)にゆだねよう

それが、一見遠回りに見えて、実は一番ラクに、そして自由に英語がしゃべれるようになる秘訣だ

という話をしているんですけども

実は、そんな僕でも、唯一「理屈」の手助けをちゃんと借りた方が良いと考えているものがあります。

それは

「発音」

です。

なぜ、「発音」だけは理屈に頼った方が良いのか、というと

ズバリ

英語には、日本語で決して使われない発音(=口の動き)をするものがある

からです。

例えば、ですが

see (スィー)

とか

may (メイ)

とか

who (フー)

などという単語は、日本語で使われている発音がそのまま使われているので

聞きとることもカンタンだし、聞いた通りにマネをすることも問題なくできるんですが

例えば、以下のような発音については、

なんとなく発音の違いを聞き分けることができるかもしれないけれど、

その通りにマネして発音できるかというと、難しいと思うんですね。

なぜなら、日本語で、その口の動きをしたことがない から、です。

bath/bus: 両方ともカタカナでは 「バス」
(風呂/バス)

think/sink: 両方ともカタカナでは「シンク」
(考える/沈む)

fan/fun: 両方ともカタカナだと「ファン」
(ファン/面白い)

light/right: 両方ともカタカナだと「ライト」
(光/正しい)

father/further: 両方ともカタカナだと「ファーザー」
(父親/さらに遠く)

で、日本人からすると 「だいたい同じだからいいじゃん」と思うかもしれないんですけど、

アメリカ人にとっては、実は 全然違う音 なんですよね。

もちろん、話の流れからある程度間違った発音でも理解してくれる場合もあるので、

そこまで目くじらを立てる必要もないんですけど

でも、ヘンなところでヘンな誤解をされるのは避けたいですよね。

だし、そういう後ろ向きな動機でなくても

キレイな発音で話せるのって、英会話が楽しくなるひとつの要素だし

話すことに対する自信がつきやすい = どんどん話したくなる = 英会話が上達しやすい ので

個人的には「発音」は大事なポイントだと思ってるんですよね。

その発音なんですが、ほとんどの人が今まで学校とかで

「この発音は、こんな風にやるんだ」という、やや曖昧な教わり方をしてきたんじゃないかなと思うんです。

例えば

「R (アール)」は、「下を巻く」

みたいな。

で、僕がアメリカで学んできた「発音改善法」というのは、そういった場当たり的なアプローチとは根本的に違っていて

全ての発音が、関連づけて覚えられるようになっているんです。

この「関連づけて覚えられる」というニュアンスがよくわからないと思うので、カンタンな例を紹介しますね。

例えば、日本語の 「イーーー」 という発音を、実際にしてみてもらえますか?

はい、きっと口が横にキュッと広がっている状態ですよね。

で、そこからアゴだけを下におろしていってください。(口の横幅はそのままで)

どんな音に変わりましたか?

そう、あるタイミングからきっと 「エーーー」 という音に変わりましたよね?

で、ここまでは日本語にもある音なのですが、

ここからさらに顎を一番下まで落とすと突然現れる、英語にしかない発音があるんです。

では、さらにその 「エーーー」の状態から、顎を下に落としていってみてください。

その際、口の横の開き具合が最初の「イーーー」の時と同じくらいキープするのをお忘れなく。

※ ここでアゴを外されると困るので、無理はしすぎないでくださいね 笑

どんな音になりましたか?

音で言うと、「ア」と「エ」が混ざったような音が聞こえてくるハズです。

それが、

apple

とか

bag

とかで出てくる

「æ」という音なんですね。

つまり、いきなり

「æの発音はこんな風にして!」

ではなく

既にある日本語の発音を、どのように変えていくとその英語の発音になるのか

ということが「ロジカルに」、かつ「体感的に」わかる仕組みになっているんですよね。

そんな風に、「ウ」や「オ」や「ア」や、それ以外の英語にしかない音たちは、どう関係してるのか

母音は母音で、子音は子音で

あるシンプルな図で一目でわかる ようにできているので

早い話

とても覚えやすい & 忘れにくい & 発音しやすい

のです。

このセミナーを受けた人は、頭の中にその「シンプルな図」が浮かんでいると思うんですけど

その「図」が頭にあれば、いつでもその発音を再現することができるんですね。

僕も、英語の発音を耳だけでマスターすることは難しかったと思うし

そういう意味で、この「アメリカ式発音改善法」との出会いはホントウに有り難かったなーと思ってます。

そして、だからこそ、

できるだけたくさんの人に、ぜひこの発音法を知ってほしい!と思っているんですよね。

なので

この「アメリカ式発音改善法」に興味がある方は、こちら からDVDの内容とお客様の声を読みながら、ぜひ買って見てみてくださいね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly