Return to site

「字幕なし」で見るのがツラい時に効く考え方

· 英会話

こんにちは。

アキラです。

「アキラ式ペラペラ英会話」では、

字幕なしでアメリカのドラマや映画を見る」というのを奨めています。

これが結構、大変な人には大変なのです。

でも

別に、何を言っているかわからなくてもいい

という話をしているんですよね、僕は。

だって、「わからない」のはある意味当たり前なんですから。

TOEIC満点の僕ですら、100% 聞き取れているワケじゃないんです。

じゃあ

何が「大変」なのかといえば

「どうせこんなことしても意味がない」

とか

「わからなすぎて、つまらない」

とか

「わからないので、不安になる」

とか

「わからないことが、劣等感を刺激してツラい」

といった「感情」が出てくること

そして、その感情を引きずったまま見続けることが

「大変」

なんですよね。

すごーーーく

わかります。

僕も22歳でアメリカに留学したばかりの頃

見るもの見るもの意味わからず

笑いのツボもわからず

ホント、日本のテレビ番組が恋しくて仕方なかったですから。

もし、その時に「どこでもドア」があって

日本に帰っても誰も何も言わないということだったら

おそらく帰っちゃってたでしょうね。

でもね

僕の本メール講座を読んでくれた人はわかると思いますけど

「意識(理屈)」を手放して

「無意識(感覚)」という膨大なパワーを使えるかどうか

これがひとつの大きなポイントなんですよね。

いわゆる「英語ペラペラ」になるためには。

今日は、「そうは言ってもなぁ・・・」という人のために

「アキラ式」ならではの考え方による

「字幕なしでも見ようという気になる、ある 『考え方』 」

をお伝えしようと思います。

「アキラ式英会話」は、ご存知の通り、「心理学」をベースにしていますが

そこで出てくる大切な考え方の一つとして

NLPの「ニューロロジカル・レベル」という概念があります。

端的に言うと

人間には、以下の5つの意識の階層(レベル)がある

というものです。

具体的には

「自己認識」(セルフイメージ)

「信念」(価値観)

「能力」

「行動」

「環境」

です。

※「スピリチュアル」までを入れると6段階になりますが、私の本では5段階までを扱っています。

この5つのうちの最初の2つが

いわゆる

「あなたが、何を信じているか(当たり前だと思っているか)」

に相当するものです。

その「信じていること」は、

生まれてから育ってきた環境 (国、文化、両親、兄弟姉妹、近所、学校、友人など)や

本人がとってきた行動と、それによって起きた(と感じた)ことや

持って生まれた、もしくは培った能力などに大きく影響されるわけですが

逆に大人になると、この「信じている(当たり前だと思っている)こと」が

あなたの取る行動や、身を置く環境、ひいては能力に

大きな影響を与えるんですね。

つまり

あなたがもし

「字幕なしで見るのは大変だから、やっぱりやーめた」

という判断をした時

つまり

ある「行動」をやめる時

それは、

あなたが「信じている」ことと、その「行動」が一致していなかった

だから、あなたはやめることにした

NLPでは、そのように考えるわけです。

今日お伝えする考え方ですが

このニューロロジカル・レベルの考えに基づいて

「信じていることを変える」という話なのですが

おそらく

英語ペラペラになっている人は

かなり高い確率で、この「自己認識(セルフイメージ)」に近いものを持っているのではないかな、と思っています。

それは・・・・・

「私、そういえば元々アメリカ人だわ」

です。 笑

一見バカげているかもしれませんが

ニューロロジカル・レベルの観点からすると

実はものすごく有効なアプローチなんですよね。

先ほど話した、「信じていること」の中でも

一番大きな影響力を持つのは

「自己認識」(セルフイメージ)です。

セルフイメージとは

「自分が、自分のことを、どんな人だと信じているか」

ですね。

ここを守るためなら、人は結構なんでもできちゃうのです。

ちょっと想像してみてほしいのですが

仮に、あなたが、「元々本来はアメリカ人だった」

ということにしましょう。

つまり、英語を普通に聞いたり話すことは元々できていた

なんだけれども

何かのきっかけで、その能力が失われてしまった、と。

その場合

あなたはどんな「行動」をとると思いますか?

そう

「自分を取り戻す」ような行動をとる

と思うんですよね。

それに近しい行為が

「字幕なしでドラマを見ること」

なんです。

いわゆる

元々できていた人が行う「リハビリ」的な行為ですね。

つまり

「元々その能力をもっている」

「それが本来の自分である」

そう信じることが

その行為をせずにはいられなくする

訳です。

ですし

そういう気持ちでドラマを見ることは

ある意味、「なつかしい」という感覚すら持たせてくれるわけで

それは、登場人物がしゃべっていることを脳により効率的に吸収(記憶)することになるのです。

そして、実際に単語やフレーズの意味を調べることも、決して苦ではなくなるのです。

「自分は生粋の日本人で、英語は全然できないから、必死にできるようになろう」

というスタンスで取り組むのは、たしかにつらいし

「アキラ式英会話」でなかったとしても

おそらく挫折しやすいでしょう。

なのでこの

「あー、私ってそういえば、元々アメリカ人だったわー」

ぜひ、使ってみてください^^

かなり、効果あると思いますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly