Return to site

アキラ式英会話とは

· 英会話

「アキラ式 英会話」は、英語を思うようにしゃべれたらいいなぁと思いながらも、

● 自分が英語を自由にしゃべれるようになるハズがない
● 英語で話すのをうまくできない自分が恥ずかしい
● 英会話はとにかく難しい
そんな風に思っている方にこそ是非知ってもらいたいという想いで僕が考案した
今までにないユニークな、英会話上達のアプローチです。
僕の経歴をご覧になった方は、僕がアメリカに留学していたり、TOEICで満点を取っていたり、外資系企業で役員まで務めたりしているので
どうせ頭が良くて、英語が最初から得意で、挫折などしたことがないのだろうと思われたかもしれません。
もしくは、私がとても勉強家で、忍耐力があり、とんでもない努力をした結果、英語を話せるようになったのだろうと。
つまり、
「私とあなたは違う」と。
もし、僕も同じように思っていたならば、わざわざ「アキラ式英会話」を考案して世に出すことはしませんでした。
しかし、この「英会話」に関してだけは、確信していることがあるのです。
それは、
「誰であっても、いつからでも、英語は必ず、自由に、楽しく、しゃべれるようになる!」ということです。
そして、それにはちゃんと根拠があります。
それは、私が22歳でアメリカに留学をした時のことです。
当時、英語の読み書きはそれなりにできていた私は、英語を話したり聞いたりすることも、ある程度できるのではないかと淡い期待を抱いて、初めての異国の地に立ちました。
しかし、そこで体験したのは、相手が何を言っているかわからない、言いたいことが口から出てこない、その結果、愛想笑いをしたり、わかったフリをするしかないという、とても惨めな自分と向かい合う毎日でした。
それまで日本を離れたことがなかった私は、強烈なホームシックの感情と重なって、自分はなぜこんなところに来てしまったんだろうと心底後悔し、3カ月ほど毎晩夜空を見上げながら、日本に帰りたいと半べそをかいていたことを、今でも鮮明に覚えています。
そして、その状態から抜け出すことができた理由が、まさに「アキラ式英会話」でお伝えしている内容なのですが、
ただ、その理由を知っているだけの自分では、まだこのメソッドを世に出すことはできませんでした。
というのも、その理由を言葉にしてしまうと、
「とりあえず、やればいいんだ」
という、身もフタもないものになってしまうからです。
あなたの周りにもいませんか?英語をしゃべれる人にアドバイスを求めると、「とにかく、やればいいんだよ」、「難しく考えなければいいんだよ」と。
英会話が苦手で悩んでいる人からしたら、それほど無責任なアドバイスはないですよね?
しかし、まさしく私も、留学後は同じようなアドバイスしかできない人でした。
しかし、私が40才の時に、あるプライベートでの悩みをきっかけに、
それまで全く知らなかった心理カウンセリングの世界に足を踏み入れたことが、大きな転機となりました。
そこで学んだ「心と脳の仕組み」が、

「とにかく、やればいいんだよ」の裏に隠された「英会話上達のための究極の秘訣」

を、解き明かしてくれたのです。
しかも、それをどんな人でも同じように理解ができ、かつ行動に移すことができる言葉に変換することを
可能にしてくれたのです。

ですので、この「アキラ式 英会話」は、

「英語ペラペラ」になった私が、自身のプライベートの悩みをきっかけにして
心理学と脳科学の世界に偶然出会ったことから生まれた、言わば ”奇跡のメソッド” なのです。
ぜひ、セミナーやマスターコースを通じて、その「奇跡」を、あなたも体感してみませんか?

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly