Return to site

「英語」より「英会話」を重視するワケ

· 英会話

こんにちは。

岩瀬 晃です。

僕は、「英語」というものそのものにはあまり興味がないです。

「英語」、つまり日本語で言えば「国語」みたいなものでしょうか。

そういう、学術的というか、勉強的なものには全く興味ないんですね。

僕が興味があるのは「英会話」です。

そう、「会話」です。

「会話」の根本って、なんだと思いますか?

僕は、自分がこれまで英会話を通じて、つまり、留学経験や、外資系企業に勤めた経験を踏まえて思うのは

結局、会話は、「心と心のつながりあい」だということです。

これは、日本でも同じですよね。

「心のない会話」というのももちろん可能ですけど、それって何も意味をなさないですよね。

また、日本の場合は、いわゆる「暗黙知」もあったりして

お互い話さなくても「わかったつもり」になれますよね。

ただ、アメリカの場合はそうはいきません。

「わかったつもり」が、少なくとも最初の段階ではまったく存在しません。

また、多少住んでいても、この記事で書いたように、黙っていることはヨシとされない文化なんですね。

だから僕も留学した当初は大変でした。

正直、くじけそうになりました。

アメリカ人を、アメリカを、キライになりそうになりました。

でも、最後には、アメリカから「心を開く」ことのすばらしさを教えてもらえたと思っています。

「相手をわかる」ということ

「自分をわかってもらう」ということ

それは、言葉そのものだけでは達成されません。

むしろ、それ以外の部分が大事だったりするのです。

それはズバリ、「心を開くこと」です。

それはそうですよね。

「会話」の根本が、「心と心のつながりあい」だとしたら

心を開いていなければ、会話が成立するハズないですもんね。

そして、異国の人と、その心と心のつながりあいができた時に

ものすごーく感動するんですよ。

あー、なんか、素晴らしいなーって思えるんですよ。

最初は、アメリカ人はぶっきらぼうで、怖くて、何考えているかわからなくて

どうせ日本のことなんて興味なくて、バカにしてるんだろう

そんな風に思っていたわだかまりが解けて

逆に、自分がどれだけ心を閉じていたかを知ることになるのです。

そんな、「心が開く体験」

それを、多くの日本の人に、特に自分を主張することが苦手な人にこそ体感してもらいたいのです。

心を閉じていた僕が、留学中で経験した「自分をそのまま出していいんだ」という、あの感動を

英会話を通じて、外国の人とのコミュニケーションを通じて

知ってもらいたいんです。

それが、僕を「日本総英語ペラペラ化」という夢に突き動かすものです。

日本には日本のすばらしさがあって

それは堂々と海外に主張していい。

むしろ、どんどん主張すべきだと思うんです。

食べ物にしろ、製品のクオリティにしろ、日本が世界に誇れるものは日本人が気づいていないだけでたっくさんあります。

ただ、その時に、言葉が「日本語」では限界がある。

そして、「通訳」「翻訳」を通すと、どうしても「本人の想い」が伝わらない。

やっぱり、国際公用語である「英語」を使うことが、

そして本人が、自分の口で、心を込めて話すこと。

それが説得力につながるんですよね。

同時に、外国には、日本にはないたくさんの素晴らしさ

それは大自然だったり、いろんなことへのチャレンジと失敗を受け入れるといった懐の深さ、人生を楽しむ楽観さ

そんなものも、「英会話」ができることで、本当の意味で体感することができるんです。

それは、誰のためでもなく、「自分の人生が豊かになる」ためです。

勉強としての「英語」なんてどうでもいいです。

「会話」さえできればいいのです。

つまり

「心と心の通じ合い」さえできれば

あなたにとって未知だった世界が

とても身近なものになるんです。

そういう意味で、

文法とか単語も、ぶっちゃけ完璧である必要は全然ないのです。

「雰囲気」で通じてしまえば、それでも十分「英会話」の目的は達成しているんです。

僕だって、相手が言っていることを単語レベルでどこまで聞き取れているかというと、半分くらいかもしれません。

でも、「会話」をするには何の支障もないんです。

そして、

こういう「国際コミュニケーション力」が上がった日本人が増えれば増えるほど

日本が世界の中で認められて、

結果的に日本が、そして世界が、

日本人にとってどんどん住みやすい国になっていくんです。

僕は死ぬまでに、そんな風になった日本と世界を

見てみたいなぁと思っています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly