Return to site

ペラペラな人は、和訳・英訳ができません

· 英会話

こんにちは。

岩瀬 晃です。

以前の記事でも書いたんですが、英語がペラペラな人は、頭の中で文法や単語を高速で組み合わせてしゃべっている訳ではないです。

よくわからないけど、思ったら、口から出てくる

そんな状態です。

日本語もそんな感じですよね。

頭の中で、主語がこれで、述語がこれで、とかやってないですよね。

よくわからないけれど、思ったら口から言葉が出てきてる感じですよね。

で、それが、ペラペラな人の特徴なんですが

それを物語る例として

ペラペラな人って、和訳とか英訳が苦手なんですよね。

例えば、よく英語が苦手な人って

「これ(とある一文)って、英語でなんていうの?」

って、英語ができる人に聞くじゃないですか。

あれ、ペラペラな人からすると実はすごく迷惑というか、厄介な依頼なんです。

なぜなら、

ペラペラな人は、ある日本語の文章を、英語の単語や文法に分解して、それを組み立ててしゃべる

みたいなことをしていないからです。

どういうシチュエーションで、誰が、誰に、どういう文脈の中で、どういう意図で

みたいな周辺情報がないと

そもそも言葉が出てこないんですよね。

つまり

英語をしゃべるっていうのが

「状況ありき」なんですよね。

こういうシチュエーションで、こう感じた時には、こういうセリフが口から出てくる

みたいな感覚です。

逆に言うと

そこに、英語がペラペラになるためのヒントがあるんです。

よく、英語を勉強する時って、単語帳みたいなのを使って、英語の短い例文読んで、その下に和訳が載ってて、それをたくさん覚えようとするじゃないですか。

あれね、効率的に見えて、実は非効率ですよ。

まぁ、単語だけ覚えていくより、例文を使った方がまだマシなんですけど
 

本当の意味での前後関係・シチュエーションに関する情報(英語では、そういうのを総称して「コンテクスト(Context)」といいます)が少ない

ので、なんというか、脳にそのセリフが定着しにくいんですよね。

なので

物語になっているもの、かつ映像+音声になったものを、できるだけたくさん見聞きする(脳に取り込む)のが、脳に定着させるって意味では、遠回りに見えて実は一番効果的&効率的で

で、それが

ペラペラになるなら、ドラマや映画をひたすら見るのが良い

という理由なんですよね。

ということで

自分の脳を信じて

「コンテクスト」が豊富にある情報(文字ではなく、映像と音声)を

たくさん流し込んであげてくださいね。

そしてそれ自体は

むしろ大変なことではなく、ただ楽しくていいのです。

「上達する」=「汗水たらして努力する」

その発想がすでにもう、大きくズレてるんですから。

英語がペラペラになる、という意味においては。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly