Return to site

英会話が「楽しく」上達する人は、何を「楽しんで」いるのか

· 英会話

こんにちは。

アキラです。

「アキラ式英会話」では、この夏からマスターコースという長期継続コースをやってきていました。

で、来年、その内容を大幅にリニューアルしようと思っているんですが

今日の記事は、その大幅リニューアルする理由にも関わる内容です。

この夏からやってきたマスターコースでは、

● 何をするべきかのメニューを個別に設定する

● わからないことは僕にいつでも聞ける

● 月2回、国際交流イベントに僕と一緒に参加できる

● 月2回、懇親会でいろいろ直接僕に相談できる

● 一緒に行動する仲間ができる

という内容だったワケですが

受講生を見ていると、僕が想定していたような形で進んでいく人と、そうでない人が

結構クッキリと別れたんですね。

ぶっちゃけ

僕が想定していたような形で進んでいる人は

かなり少なかったです。

なんで「そうでない人」がこんなに出てきたのかなーと思っていたんですけど

もちろん、基本的にはサービスを提供している僕の責任ではあるんですけども

要は

必要な環境だけがそこにあったとしても

それを「活かそう」というマインドがない状態

つまりは「受け身」な状態だと

結局、どんなに素晴らしい環境があっても

意味がないんだなーっていうことなんです。

例えば、留学しても

英語をしゃべれるようになる人と、そうでない人がいるのは

まさしくその差だと思うのですね。

それって、その人の「能力」以前の問題なんだな、と。

じゃあ、何の違いかと言えば

どれだけ、貪欲に、図々しくなれるかということ

そして

「わからない」「できない」という状態をどれだけ楽しめるかということ

もはや、その人の「性格」にも近いところ

ここが、実は、「英会話の上達」

のみならず

あらゆることの上達において

カギを握っているんだなーということなんです。

一言で言えば

どれだけ「こども」に近い状態になれるか

どれだけ「どうせ・・・」という思い込みのカラがない状態になれるか

なんですよね。

なので

来年のマスターコースでは

この根底の部分

すなわち

「こどものように、貪欲に、図々しく、わからないことやできないことに体当たりして楽しめる心」

ここを養う、開拓する

そこにフォーカスを当てていこうと決めたのです。

特に「アキラ式」で、英会話を習得するうえで

必ず通らないといけないところがあって

それは

「わからない」「できない」という状態

です。

例えば

字幕なしで海外ドラマを見るにしても

いきなり外国人に話しかけるにしても

ハッキリいって

「わからない」「できない」のオンパレード状態になるわけです。

で、

大人にとって、この

「わからない」「できない」という状態って

すごく苦痛というか、恥ずかしかったり、怖かったり、イライラしたりする場合が多いんですが

実はその感情

「その時」に感じているものではない

っていうのをご存知ですか?

「わからない」「できない」という状態を体験している時

その時に感じる感情って

実は、過去にその状態を経験した時

その時にネガティブな体験をしたこと

それが笑われたことなのか、怒られたことなのかはわかりませんが

いずれにしても

その体験を通じて

「過去に味わったイヤな感情」

それを

引っ張り出してきて、「今」改めて感じてる

ワケです。

俗に言う

「思い出し怖い」

をしている状態なんですよね。

実際、人が感じているほとんどの「感情」というのは

この「思い出し怖い」なんですよね。

でも

世の中には

この「わからない」「できない」という状態

これを

前向きに楽しめる人もいるのです。

なぜなら、その人にとっては

「わからない」「できない」という状態は

新たに「わかっている」「できるようになっている」と同義だからです。

そして

なぜそう感じることができるかというと

自分の可能性にフタをせず

自分の可能性を無条件に信じている状態

つまり

「過去」の感情にアクセスせずに、「今」にフォーカスしている状態

だからなんですね。

そう

「今」を生きている人が

新しい「能力」を身につけることができるのです。

「わからない」「できない」ことを、前向きに楽しむことを通じて。

ということで

来年のマスターコースは

そんな

「今」を生きる人

すなわち

「こども」のマインドを持った人

そんな人をどんどん作っていこう

そう思っています。

この記事を読んでくださっているあなたも

「過去」の感情を思い出すのではなく

「今」、その体験をしているという感覚

自分の可能性を「無条件に」信じるという感覚

それをぜひ、英会話にチャレンジする時に持ってもらえたらなと思います。

それだけで

英会話のことも、自分のことも

もっともっと好きになれると思いますよ。

このブログは、こちらのFacebookページに「いいね」をしていただければ

更新された時に自動で通知されますので、ぜひご利用ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly