Return to site

英会話に「反復練習」は必要ない

· 英会話

こんにちは。

アキラです。

よく、何か技術を身につけるには、「反復練習」が必要だ

って言われますよね。

素振りを毎日

ランニングを毎日

筋トレを毎日

そういう「スポ根」的な考え方って、結構根強くあると思うんです。

特に日本人には。

かくいう私ですが

反復練習が「大嫌い」です。

正確に言うと

「同じこと」を毎日やると、すぐ飽きて挫折してしまう

ということですね。

めちゃくちゃ恥ずかしいカミングアウトをすると、

僕は今から8年くらい前に、スポーツジムに通おうと思ったんですが

入会して、2か月も続かずに退会してしまいました。

そして、また半年くらい経って

今度こそ!と思って、また同じジムに懲りずに入会し

そしてまた2か月たたずに退会し

そしてあろうことか、また同じジムにその1年後くらいに入会し

今度こそ!!と思いつつ

その2か月後に、まさかの3度目の退会をしたことがある人間なのです。

さすがに、3度目の時は、入会する時も退会する時も、恥ずかしかったですね。。。。

もはや、僕もジムの人も笑うしかなかったですけど  ^^;。

多くの人が

「何かを継続する」

ことを

「反復練習をする」

と勘違いしているのではないかと思うんですよね。

たしかに、モノによっては

同じことを繰り返しやるということが必要な場合もあるでしょう。

でも

この「英会話の上達」に関していうと

「反復練習」は

まったく必要ありません。

大切なので、もう一度いいます。

「英会話の上達」において

「反復練習」は

まったく必要ありません。

「反復練習」の定義は、

「同じことを毎日すること」

です。

英会話においては

「毎日違うものに触れること、違うことをすること」

これが、上達の秘訣なのです。

「毎日違うものに触れていたら、何も蓄積しないじゃないか」

と不安になる人もいるかもしれません。

しかし

違うのです。

毎日違うもの、というのは

例えば、毎日新しいエピソードのドラマを見る、見たことない映画を見る

毎日、新しく見たドラマや映画で出てくるセリフをマネして発音(アウトプット)する

いろんな外国人の人と話してみる

これらをすることですが

これらを継続していくと

勝手に「見えてくる」「わかってくる」

ようになるのです。

この現象を例えて言うと

ここに、ある大きな5000ピースのジグソーパズル(ある名所の風景写真が完成形としましょう)があるとして

それがいま、バラバラになっている状態で目の前にあるとします。

反復練習的なアプローチはどういうものかというと

まず5000ピースのうちの2~3ピースを選んで

その柄をひたすら毎日繰り返して覚える。

完全に暗記した状態になったら、次へ進む。

またつぎのピースの柄をひたすら毎日繰り返して覚える。

で、そのやり方で5000ピース覚えたら

今度は覚えたピースの中から隣り合うものを頭の中でつなげていく作業をして

パズル全体を完成させる

そんなイメージです。

で、もう一方の、「反復練習」ではないアプローチはどうなるかというと

毎日、ただひたすら異なる2 ~ 3ピースをなんとなーーーく見ていく。

それをただひたすら深く考えずにずーーーっと繰り返しているうちに

ある時にふと

「ひょっとして、この5000ピースが完成した時に見える絵って、こういう絵なんじゃない?」

というのが「なんとなーーーく」頭の中に浮かび上がるように見えてくる

という感覚です。

どうでしょう?

どちらの方が、5000ピースのパズルの全体像が見えるようになるための「現実的な」方法だと思いますか?

一見すると、「反復練習」アプローチの方が”確実”なやり方に見えるかもしれません。

ただしそれは、それだけの記憶力と集中力と

それだけつまらないことを毎日やり続ける忍耐力さえあれば、という条件つきです。

ここでのミソは

ゴールは、ピースひとつひとつを律儀に覚えることではなく

「5000ピースのパズル」が織りなす風景の写真

それが何なのかが分かればいいのです。

100%完璧に細部まで再現できる必要はないのです。

「だいたいこういうイメージなんじゃない?」

で、十分ゴールは達成されるのです。

だから

「同じことを反復する」

のではなく

「毎日違うこと(ピース)に、どんどん触れていく(見る)」

で良いのです。

むしろその方が、長い目でみたら効率がいいのです。

また

上述してきたのは「たとえ」ですが

実際の英会話に置き換えて考えたとしても

実は毎日違うものに触れているつもりでも

結局繰り返していくうちに、言葉の並び方や、表現の仕方におけるある種の「法則」というか「パターン」みたいなものがだんだん見えてくるようになるのです。

で、そうやって覚えたものの方が、脳の奥の方(潜在意識レベル)に入っていくので、より長く定着するんですね。

ということで

「英会話」をマスターしたいのであれば

「反復練習」

つまり

「同じことを繰り返す」

のはやめましょう。

もし、それが死ぬほど楽しい!ということなら、まぁ害はないので止めませんが

もしあなたが

「毎日継続するのは大変だなぁ。。。挫折してしまうなぁ。。。」

なんて怖気づいてしまっていたとしたならば

是非安心してください。

だって

毎日違うことをやるんですから

ある意味それは「継続」ではなくて

毎日が「Brand New」な体験なワケですよね。

こんなに楽しくて、エキサイティングなこと、なくないですか?

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly