Return to site

〇〇〇を止めると、英語ペラペラに大きく近づきます

· 英会話

僕が提唱している「アキラ式英会話」において

ある意味トレードマークというか、象徴的なものが

字幕を出さずに、アメリカのドラマや映画を見る」

というものです。

「字幕を出さない」ことの効果はいろいろありますが (その辺りは、僕の無料メール講座や、こちらの本でしっかり解説していますので、そちらを見てくださいね)

当然、しばらくの間は何を言ってるかわからないので、不安になります。

で、その「不安」という感情に漬け込んだのが、

従来の「よく使われる文法・単語・フレーズを覚える」というアプローチです。

いわゆる、「わかる」「できる」「安心」を提供する、というものですね。

もちろん、それはそれでまったく意味がないとは言わないですし

アキラ式英会話でも、インプット(聴く)ではなく、アウトプット(しゃべる)の練習の時には、字幕を出し、わからない単語を調べて、発音の方法もこの「発音改善法セミナー」のDVDを参考にしながら、やることを推奨してます。

ただ、やっぱり基本スタンスは、「字幕なし」なのです。

で、この「字幕なし」でつまずく人

その不安に耐え切れず、単語・文法・フレーズをひたすら暗記する方向に行ってしまう人に

共通すると思われる点があります。

それは

自分をナメてる

ということです。

正確には

自分の「脳の底力」をナメてる

ということです。

僕は、断言してもいいですが

もし、あなたが、日本語を普通に問題なくしゃべれているのであれば

必ずあなたは、同じように普通に問題なく英語をしゃべれるようになります。

これを否定できる人

これが違うと証明できる人は

この世に存在しません。

そう

あなた以外は。

あなたが自分をナメていたら

あなたが自分の脳をナメていたら

そこで終わっちゃうんです。この話は。

脳(特に潜在意識・無意識)が持つ可能性については、

テレビや雑誌などでみなさんも目にしたことがあると思いますが

その可能性を引き出すうえで大事なのが

「信じてゆだねる」

ことなんです。

もしあなたが

あなたの「脳」が持っている力をナメて

「まぁ、これくらいしかできないよね」

と扱えば

それくらいしかできるようにならないんです。

あなたが、あなたの脳をナメて扱っている間は

あなたの脳は、それだけの現実しか、可能性しかあなたに見せてくれないんです。

それはそうですよね。

脳だって、任せてもらえなければ、勝手にいろいろできませんからね。

あなたが司令塔なんですから。

だから、あなたが「どうせ」とスネている間は

同じく、あなたの脳も

「あーあ、どうせ信じてもらえてないんだよな、僕は」

と、脳がその力を発揮できないワケです。

これがビジネスや、スポーツの世界だったら、僕もあまり無責任なことを言えないのですが

「英会話」に関しては、もちろん自分自身の実体験もあるのもありますが

そもそも、そのアプローチをトライすること自体に

なんにもリスクはないし

莫大なお金がかかるワケでもないし

肉体的に負担が大きいワケでもない。

それでいながら、英語が自由にペラペラとしゃべれるようになった時のリターンは、とてつもなく大きい。

それはプライベートでも、ビジネスにおいても。

正直、人生において、これほど ローリスク&ハイリターンな投資は無いと言い切ってもいいくらいです。

だって

元々人間に備わっている能力を引き出すだけなんですから。

この英会話に関しては。

なのに

どうしていつまでも英語を自由にしゃべれるようにならないのか、と言えば

もちろん、いろんなメンタルブロックがあるとは思いますけども

一番大きいのは

あなたが、あなたを

あなたの脳の底力を

ナメてるから

です。

なので

まずは、自分の脳(=全体の95%を占める無意識・感覚ゾーン)の底力を信じてあげてください。

あなたが信じてあげない限り

脳はあなたに応えてくれませんよ。

そして、あなたの脳は

いつでもあなたの期待に応えようと

スタンバイしてくれていることを、忘れないでいてあげてくださいね。

あなたがすることは

あなたの脳を信じて、そこに任せるだけ

あなたの脳が、そのフルパワーを発揮できるような形で

必要な材料を提供してあげるだけ

それだけでいいんですから。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly