Return to site

「英語なんてしゃべれなくてもいい」って言われたら、あなたはどうしますか?

· 英会話

こんにちは。

アキラです。

このブログを見てくださってるということは

きっとあなたは「英語を自由に楽しく話せるようになったらいいなぁ」と思っていますよね?

その気持ちにウソってないと思うんです。

でも

その話せるようになりたい、という想い

つまり「動機」には

実は2つのタイプがあるんです。

そして

あなたが実際に英語を自由に話せるようになるかどうかは

その動機が2つのうちどちらのタイプかによって、実はほぼ決まってしまう

としたら、どうしますか?

多くの日本人が英語を話せない理由はいくつかあるんですが

この「動機」が間違っているというのも

その大きな要因のひとつです。

では

その2つのタイプの動機とは、どんなものでしょうか?

それは

「外的動機」と「内的動機」

です。

外的動機というのは、自分”以外”の事に左右される動機です。

他人からこう見られるよう(見られないよう)に、とか

何らかの報酬(地位・名誉・収入)を得られるように、とか

問題や苦難やトラブルを回避できるように

といったことですね。

● 海外に行ったときに困らないように

● 会社の業務で必要だから

● 英語くらいできないと格好悪いから

● 試験でいい点数を取らないといけないから

● 給料をアップしたいから

● オリンピックが近いから

こんな感じです。

なんとなく、心当たりありませんか?

それとは別に

内的動機とは

自分自身の心の内側から出てくる動機です。

● 外国人のことを知ることで、自分の価値観を広げたいから

● 自分の価値観が広がれば、人生がもっと楽しくなるから

どちらが英会話をできるようになる上で、強い動機だと思いますか?

一見、外的動機のほうが強そうに感じるかもですが

実は、本当の意味で外国の言葉をしゃべれるようになるという意味では

内的動機の方が圧倒的に強い

んですよね。

なぜ、そうなのでしょうか?

一言で言うと

外的動機は

人を委縮させるから

です。

つまりは

「恐怖」がベースなんですよね、その動機が。

だから

心を開けない

脳をゆるめられない

んですよね。

「うまくいかせなきゃ」

そっちのほうに意識が向きすぎてしまう。

「アキラ式英会話」でさんざん言ってますけども

英語を自由に楽しくしゃべれるようになるには

心を開くこと

素直になること

理屈を捨てること

失敗(挑戦)を前向きに楽しめること

楽観的になること

これらが大事だよ、と言っているわけですが

心や脳が委縮した状態で

そんなことができるハズがないんですよね。

断言してもいいですが

そんな動機では、英語を自由に楽しくしゃべれるようにはなりません。

なので

もし外的動機だけで

あなたが英語をしゃべれるようになりたいと思っているならば

そんな無理な願望や苦しみを抱えているならば

いま、この瞬間に

それ、捨てちゃってください。

どうせ自由に楽しくしゃべれるようになれないですから。それじゃ。

そんな苦労をわざわざ自ら買わなくてもいいですから。

会社からプレッシャーが来ようが

オリンピックが来るからと言って国が煽ろうが

やらなくていいですから。

どうせそのうち、高性能な通訳マシンみたいなものが出てくるでしょうしね。

日本語しゃべったら、そのまま英語に変換してくれたり

英語を吹き込んでもらったら、日本語に直してくれるようなものもできるようなやつ。

だから

ほんとに

心の底から

お願いですから

あなたの

英語をしゃべれるように「ならなきゃ」という想いは

ぜーーーーんぶ捨てちゃってください。

英語をしゃべれないことを、なんとも思わないでみてください。

だいじょうぶです。

あなたが英語をしゃべれなくても、絶対、必ず、逃げ道はあります。

ほんと、そうなんです。

だから、安心してくださいね。

あなたは

英語を

しゃべれなくてもイイんです。

そのうえで、です。

もし、

ホントにあなたが英語をしゃべらなくても大丈夫だとしたら

もし、そうだとしたら

あなたは、どんな人生を生きたいですか?

って考えてみてください。

この世に

この地球に生まれてきて

日本(の価値観)だけを味わって死んでいくのか

世界(日本以外の価値観)も味わった上で死んでいくのか

その選択です。

僕がひとつだけ

自分自身のアメリカ留学の経験上

そして

心理カウンセラーとして自分がいろいろアホなことチャレンジをしてきた経験上

間違いなく言えることは

「価値観」というものは

広がれば広がるほど

絶対的に

人生は

より一層ラクになり

より一層楽しくなる

ということです。

その例えでわかりやすいのは

小学生の頃って、基本、しょうもないことで悩むじゃないですか。

いじめとか、すごーーく深刻に捉えちゃうじゃないですか。

僕は、小学校2年の時に、みんなの前でおしっこを漏らしちゃったんですけど

僕にとっては、ホント、「人生終わった・・・」くらいのインパクトがあったんですよ。

でも、大人からすると、「そんなことで悩むなよー」って感じじゃないですか。

「人生なんて、もっといろいろあるんだからさーー」ってなるじゃないですか。

でも、子供の頃って結局

「人生に対する視野(=経験、価値観)がせまい」んですよ。

その中で、問題を解決しようとするし

そこにあるものだけで、「自分」というものを判断するから

だから、小さいことで思いっきり悩んでしまう。

でも

大人になっていくにつれて

学校と家だけの世界から

もっと世界が広がっていくわけで

それによって

幼いころに自分が悩んでいたようなことでは

もう悩まなくなるワケですよね。

そう

僕自身がアメリカに留学した時に味わった感動が、まさにそこなんです。

「人生って、こんなに自由なものだったんだ」

という、日本では全く感じたことのない驚きと解放感。

それなんです。

それこそが、英語をしゃべりたい

つまりは

外国人と関わり、外国の文化を肌で知りたいと思う

その欲求

その動機

なんですよ。

でも

そういう「新しい価値観」に触れるっていうのは

大人になればなるほど、怖く感じるものです。

拒絶したくなるものです。

何しろ、「今の自分、今の世界が、一番心地よくて、安全」ですからね。

これが

あなたが英語をしゃべれるようになりたいと思いながら

実はしゃべれるようにならない

しゃべれるようになるために必要なの行動を起こせない

最大の理由です。

だから、もし

今の自分や人生に

何かしらの不満

「自分らしく、自由に生きれてないなー」

「もっと幸せを感じながら、楽観的に、楽しく生きられたらなー」

なんて思っているとしたら

英会話を通じて

つまり

外国人・外国文化を吸収していくことを通じて

新しい自分と人生への突破口が開ける

今の自分と人生を見る目が変わる

自分をもっと好きになる

自分も他人ももっと許せる

そんな世界に

そんな自分に

出会うことができますよ。

僕が保証します。

無料メール講座 「英語をしゃべれる人に生まれ変わる6日間」

TOEIC満点の元心理カウンセラーが明かす、英語をしゃべれるようになるための「あり方・考え方・やり方」

その全てをまとめた、大好評の無料メール講座です。

これを読み終わった時には、あなたの英会話に対する考え方が180度変わっていますよ。

くわしくは こちら

*********************************

このブログは、こちらのFacebookページに「いいね」をしていただければ

更新された時に自動で通知されますので、ぜひご利用ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly