Return to site

「前提」を知ると英語はラクになる ②

· 英会話

こんにちは。

岩瀬 晃です。

 

前回の記事に続いて、今度は「文法の違い」の観点から、アメリカと日本の文化的背景の違いについて書きたいと思います。

 

日本語でたとえば

「昨日、家の近くの公園に行った」

という文章があったとしましょう。

 

これを英語にするとどうなるかというと

” I went to the park near my house yesterday “

となります。

 

で、これらを比べた時、日本語の語順と正反対であることがわかりますよね?

英文を仮にその語順のまま日本語に直すと

「私は行った、公園に、家の近くの、昨日」

という感じになります。

キレーーーイに真逆の語順です。

 

では、この語順の違いから、どんな文化的背景の違いが読み取れると思いますか?

 

それは、日本は「状況主義」、アメリカは「行動主義」ということ です。

 

つまり、アメリカでは、「誰が何をした」が一番大事なポイントであり、日本では「どんな状況だったのか」が一番大事なポイントだということです。

 

これと似た文法上の違いで、次の例も日本とアメリカの文化の違いをよく表しています。

 

【日本語】

「朝の渋滞がひどかったので、今日は会社に遅れました。」

【英語】

” I was late for work today because the traffic was so bad this morning. “

 

この差ですが、日本語の場合は「~なので」が先に来ていますよね。それに対して、英語では「~だ」が先に来ています。

つまり、日本は「理由主義」、アメリカは「結論主義」ということです。

 

この、日本は「状況・理由主義」、アメリカは「行動・結論主義」

この2つの違いは、プライベートでもビジネスでも、とても大きな、そして根本的な違いです。

 

で、この2つの主義の違いを突き詰めていくと

日本= 「ことなかれ」 主義

アメリカ= 「次いってみよー」主義

と言えるのではないかと思います。

 

日本は、「どんな事情があった、どんな状況だった、それならやむを得ないか・・・」という感じ。

アメリカは、「何をした、そしてどうなった、よし、そうなったなら次はこうしよう」という感じ。

 

 

なんというか、大人と子供のノリの違いなんでしょうかね。

まぁ、前者を「大人」で後者を「子供」という風に解釈すること自体が、既に日本に偏った発想なんでしょうけれども。

 

で、これはどちらがいい悪いではなく

その両方を把握していること

互いに異なる価値観を持った人と出会った時に、その違いを踏まえてどう上手くコミュニケーションができるか

そこが大事な訳ですね。

 

そこはもはや、言葉(Language)のスキルではなく、意思疎通(Communication)のスキルです。

 

外国人の方と話す際、最終的にあまり上手にしゃべれなかったとしても、この「前提」の違いを理解しているだけで、相手の信頼を勝ち取ることができたりしますよ。

こんにちは。

岩瀬 晃です。

前回の記事に続いて、今度は「文法の違い」の観点から、アメリカと日本の文化的背景の違いについて書きたいと思います。

日本語でたとえば

「昨日、家の近くの公園に行った」

という文章があったとしましょう。

これを英語にするとどうなるかというと

” I went to the park near my house yesterday “

となります。

で、これらを比べた時、日本語の語順と正反対であることがわかりますよね?

英文を仮にその語順のまま日本語に直すと

「私は行った、公園に、家の近くの、昨日」

という感じになります。

キレーーーイに真逆の語順です。

では、この語順の違いから、どんな文化的背景の違いが読み取れると思いますか?

それは、日本は「状況主義」、アメリカは「行動主義」ということ です。

つまり、アメリカでは、「誰が何をした」が一番大事なポイントであり、日本では「どんな状況だったのか」が一番大事なポイントだということです。

これと似た文法上の違いで、次の例も日本とアメリカの文化の違いをよく表しています。

【日本語】

「朝の渋滞がひどかったので、今日は会社に遅れました。」

【英語】

” I was late for work today because the traffic was so bad this morning. “

この差ですが、日本語の場合は「~なので」が先に来ていますよね。それに対して、英語では「~だ」が先に来ています。

つまり、日本は「理由主義」、アメリカは「結論主義」ということです。

この、日本は「状況・理由主義」、アメリカは「行動・結論主義」

この2つの違いは、プライベートでもビジネスでも、とても大きな、そして根本的な違いです。

で、この2つの主義の違いを突き詰めていくと

日本= 「ことなかれ」 主義

アメリカ= 「次いってみよー」主義

と言えるのではないかと思います。

日本は、「どんな事情があった、どんな状況だった、それならやむを得ないか・・・」という感じ。

アメリカは、「何をした、そしてどうなった、よし、そうなったなら次はこうしよう」という感じ。

なんというか、大人と子供のノリの違いなんでしょうかね。

まぁ、前者を「大人」で後者を「子供」という風に解釈すること自体が、既に日本に偏った発想なんでしょうけれども。

で、これはどちらがいい悪いではなく

その両方を把握していること

互いに異なる価値観を持った人と出会った時に、その違いを踏まえてどう上手くコミュニケーションができるか

そこが大事な訳ですね。

そこはもはや、言葉(Language)のスキルではなく、意思疎通(Communication)のスキルです。

外国人の方と話す際、最終的にあまり上手にしゃべれなかったとしても、この「前提」の違いを理解しているだけで、相手の信頼を勝ち取ることができたりしますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly