Return to site

ファレル・ウィリアムズのインタビュー by オプラ

· 英会話

みなさんは、ファレル・ウィリアムズ(Pharrell Williams)という歌手を知ってますか?

たぶん、名前だけだとわからない方もいるかもしれませんが、

Happy」という曲なら、きっと知っているでしょう。

で、以下の動画は、オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)という人気トークショーホストの番組で、彼がこの曲が大ヒットしてから間もない頃に彼女のインタビューを受けた時のものです。

とても感動的で、大切なメッセージが込められていると感じたので、しゃべられている英文とその和訳を掲載しました。

[英文]

Pharrell: Zero air-play, nothing. And the next thing you know, we put up the video on November 21st, all the sudden, “Boom!”.

Oprah: “Boom!”.

Pharrell: I mean, when I say “Boom!” ….

Oprah: …. you mean ….

Both: “BOOOOOOM!!!”

Pharrell: And we were like, what’s happening, ok, first of all, people are putting up their own videos, it was like no longer my song.

Oprah: I think we actually …. can we over-tape with that – when people started putting their videos around the world of themselves getting happy.

…….

Oprah: Ah … Makes me cry too. Makes me cry too! Ah. You know, I was just thinking about your grandmother. I bet she didn’t even imagine that. No. No. I bet she didn’t even imagine that. I know. I know… It’s beautiful. beautiful.

Pharrell: Why am I crying, Oprah…

Oprah: Ha ha… You know, It’s being used for something that’s greater than yourself. I get that.

Pharrell: It’s overwhelming because it’s like, I love what I do, and uh, I just appreciate the fact that, like, people have believed in me for so long that I can make it to this point to feel, to feel that….. Sorry…

Oprah: I get it. I really get it. I so now get why it’s so infectious because it came from such a clear space that the energy was absolutely uninterrupted by anything other than allowing it to flow from heart to heart, and that’s what happens.

—————–

[和訳]

ファレル: その時点ではまだ(テレビやラジオなどでこの曲の)紹介は一切されてなかった。そして、11月21日に(曲のプロモーション用の)ビデオを公開したら、突然 「ドカーーーン!」と。

オプラ: 「ドカーン!」と。

ファレル: もう、その「ドカーン!」っていうのは・・・・

Oprah: ほんとうに・・・・

Both: 「ドッッッッカァァァァァァァァァァァァァァァーーーーーーーン!!!」という感じ。

Pharrell: その時は僕たちはとりあえず、「これはいったい何が起きてるんだ?」となりました。みんなが自分たちで撮ったビデオをどんどん投稿し始めていて、もはや自分の曲ではなくなっている感じでしたよね。

Oprah: その動画を流せるかしら — 人々がハッピーになっている様子を収めたビデオをどんどん投稿し始めた時の動画を。

…….

Oprah:  あぁ、泣けるわよねー。私も泣けるわ。 私、あなたのおばあちゃんのことを考えていたんだけれど、おばあちゃんすら、ここまでのことは予想してなかったと思うわ。ほんと、素晴らしいことよね。

Pharrell: オプラ、俺はなんで泣いてるんだろう。。

Oprah: あはは。 それはね、あなた自身よりも大きなものにそれが使われたからね。 わかるわ。

Pharrell: あまりに感動的過ぎて。。。だって、僕は自分がやっていることが大好きで、応援してくれる人たちが、僕がこの感動を味わう瞬間まで今までずっと僕を信じてきてくれたことをホントウに有り難く思うんだ。(泣いてしまって)ごめん。。。

Oprah: わかる。本当にわかるわ。そして、 なぜこの曲がこれほどまでに拡散したかが今よくわかるの。それは、心から心へと自然に流れるエネルギーしか存在しない、とても純粋な空間からこの曲が生まれたから。

—————–

この赤字のところが個人的にとても好きなんですよね。

「想い」がクリアで純粋であるものほど、世の中に広まっていく。

僕もそれを信じて、いろいろこれからもやっていきたいなと思っています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly