Return to site

英語を話す時に、「人格」が変わるワケ

· 英会話

こんにちは。

アキラです。

僕は、外国人と英語で話しをしている時、よく「人格が変わるね」って言われてきました。

今では、日本人と話す時と、外国人と話す時とで、人格はだいぶ近づいてきていると思いますけど

でも、それでも「英会話モード」、つまりは「国際コミュニケーションモード」になった時には

日本人同士で話している時よりも、だいぶアグレッシブで、オープンになります。

どんどん相手に遠慮なく質問するし

何回でも聞き直す(=もう一度言わせる)し

聞かれたことに、なんの遠慮もなく答える自分がそこにはいます。

これってどういうことか

なぜ僕がそういう風になるのかっていう話なんですけど

英会話っていうものを、「英語をしゃべる」という能力の話ではなく

「対人コミュニケーション」の一環であると捉えると

理解できます。

「対人コミュニケーション」をスムーズに行かせるために必要なことって、いったい何でしょう?

ちょっと考えてみてください。

正直であること?

相手の話を聞くこと?

心を開くこと?

ま、いろんな要素ありますよね。

でもね

実はここで島国根性の日本人が一番忘れがちなところがあるのです。

それは

相手と自分との、価値観(=文化)の違いを理解しておくこと

なんです。

日本人って、金太郎アメみたいなもんで

もちろん、人それぞれ考え方の幅はあるにしても

世界という視点から見たら

まーーーーーほぼ同じ価値観の幅の中に住んでいるんですよ。

だからこそ、これほどに暗黙の了解ですべてのことが上手く回る。

でも

海外に住むとわかるんですが(特にアメリカ)

暗黙の了解なんてものはないのです。

本当にいろんな国・人種の人たちが住んでいる。

多様な価値観があることが大前提の国なのです。

そして、だからこそ

自己主張(自分の価値観をしっかり相手に伝えること)が求められる。

日本と真逆です。

そんな国で育った人たちが

どういうコミュニケーションをとるか。

そう

私はこういう人です

あなたはこういう人です

その確認から始まるんですよ。

未知との遭遇ですよ、まさに^^。

でも

それが、英会話っていうものを「対人コミュニケーション」として捉えた時には

ある意味、「当たり前」なんですね。

それを

日本人同士と同じようなメンタリティ(前提)で

話さなくてもわかるよなとか

察してくれるよなとか

出しゃばったら失礼かなとか

とりあえずアハハハハと笑っておこうとか

そんなんで行ったら

当然かみ合うワケないですよね。

ただの怪しい人と思われて終わりです。

ま、日本に来ている外人さんは、ある程度日本人びいきだったり、日本の文化に詳しい人もいると思うので

そういった空気感に合わせてくれるかもですが

それでも、やっぱり日本人ほどの「暗黙の了解」感は持っていないワケです。

なので

僕が、外国人と話す時に人格が変わるというのは

実は

相手の価値観に合わせている

という

空気を読んだ対応なんですね。

でも

空気を読んでいるといいつつ

「行為」だけを見ていると

とてもオープンで、アグレッシブで、露骨な態度に見えると思われ

日本人から見たら、全然空気を読んでいるようには見えないワケです。

ということで

このように「対人コミュニケーション」という軸で英会話を考えてみることに

多くの日本人が気づけていない

「英会話」力アップの秘訣が

隠されているんですよね。

でも

結構これって

嬉しい話ですよね?

だって、言いたいことをストレートに言えて、空気を読まずに会話をすることが

結果的には、相手にも喜ばれることになるんですからね。

やっぱり、その観点で考えても

この人は師匠なワケでございます。^^

このブログは、こちらのFacebookページに「いいね」をしていただければ

更新された時に自動で通知されますので、ぜひご利用ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly