Return to site

毎日の英語がイヤじゃなくなる考え方

· 英会話

「英語を毎日やる」って聞くと

多くの人が「ウエッ」ってなるんじゃないかなーと思います。

そんな人のために、今日はこんな例え話をしたいと思います。

「英語を毎日やる」=「ウエッ」 という反応になるっていうのは

そもそも「英語をやる」が、何らかの「仕事」「作業」っていう発想があるからだと思うんですね。

でも

英語がしゃべれるようになる

特に「アキラ式英会話」で提唱しているような「ペラペラ状態」になる

ということを考えた時

「仕事」「作業」

という感覚は、あまり、というか全く当てはまりません。

どういう感覚か、というと

「自分の脳にエサを与えてあげる」

というイメージです。

この

なんとなく「他人事」的な感じ

そして

「力が入っていない」感じ

伝わりますか?

「仕事」「作業」というのは、「力んだ」イメージがありますよね。

主にそれは、「意識(理屈)のパワーを消耗して、何かを成し遂げる」

みたいな感覚です。

しかし、「英語をしゃべれるようになる」という意味においては

どちらかというとその逆

「無意識(感覚)ゾーンに、情報をただ流し込んであげる」

というイメージです。

それが、「脳にエサを与える」

という感覚なんです。

そして、そのエサの中身に偏りがあると

健康になれません。

毎日ラーメンばかり食べていたら、栄養が偏ってしまうのと同じです。

「ペラペラになる」っていうのは、いろんなものをバランスよく食べるのと似ています。

この話で一貫して言えるのは

「自分の脳にゆだねる」

っていうことなんです。

ここでいう「脳」は、「意識(理屈)」じゃなく「無意識(感覚)」の部分です。

だから、あなたがすることは、

脳に栄養バランスのよいたくさんのエサを与え続けること。

そうしたら、脳が「勝手に」、すべてをうまく調理して、美味しい料理を出してくれるようになるんです。

そんな風に考えたら

毎日英語に触れることって

少なくとも「仕事」や「作業」というイメージじゃなくなると思います。

むしろ

「はーい、脳ちゃんエサの時間だよーー。将来私をペラペラにしてねーー^^」

くらいな感覚になりますよね。

もちろん、わからないところがあったら一部字幕を見て、辞書で意味を調べてみるということもしますけども

それはあくまで「知りたい!」と思っている状態で見るわけなので

決して「勉強」や「仕事」や「作業」の感覚ではないはずです。

ただ、「知りたい!」と思ったから、調べるだけ。

そこで意味がわかったら、もう「覚える」必要などないのです。

「わかった!」という快感だけ味わえば、もう手放していいんです。

そんな風に考えられるようになると

よりラクに楽しく、毎日の英語の時間を過ごせるようになりますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly