Return to site

僕が「英語はカンタンだ」という2つの理由

· 英会話

僕が「英会話はカンタンだ」と言うのには、2つの理由があります。

 

そしてそれぞれの理由は、あなたが自由に楽しく英語をペラペラとしゃべれるようになる上で、とても大事なことです。

 

 

まず1つ目の理由は、「本当にそうだから」です。

 

英会話は難しいと考えてる人は、おそらく英会話を次のように考えていると思います。

 

日本語で例えるなら、「日本語をしゃべれるようになるには、一冊の本を書けるぐらいの文才がないといけない」

 

というような感じです。

 

伝わりますか?

 

日本人が全員、一冊の本をかけるくらい、きっちりした日本語の文法と言葉遣いで、興味深い文章を作れるでしょうか。

 

まー、たぶん難しいですよね。

 

でも、日本人は、みんなもれなく日本語をペラペラとしゃべれますよね?

 

これは、「読み書き」と「話し聞き」が違うという何よりの証拠です。

 

英語をペラペラしゃべれる人は、このことを知ってるんです。

 

私たちは日常会話をしゃべるときに、いちいち文章の組み立てなどしていません。

 

「なんかしらんけど」しゃべってるんです。

 

でもこれが、本を書くとなると、事情が変わってきます。

 

その方向で、プロフェッショナルな人になりたいなら、ちゃんと勉強が必要でしょう。

 

でも、みなさんは英語でそんな次元を目指してるんでしょうか?

 

たぶん、違いますよね。

 

買い物したり、旅行したり、道を聞いたり、外国人と普通に楽しくたわいもない話をできるようになれたら、きっと十分ですよね?

 

であれは、別に「本を書けるほどの知識と技術は不要」なんです。

 

そのスタンスで、「英会話」というものを捉えられるようになることが、まずは英語ペラペラになるための第一ステップなんですよね。

 

もう1つの理由。

 

これも、とっても大事です。

 

それは

 

「人は、カンタンだ、と思わないことは、やりたいと思わない」からです。

 

人間は基本、ナマケモノです。

 

何を隠そう、僕も極度のナマケモノです。

 

それが証拠に、最初の会社で上司から「岩瀬はすぐラクをしたがるからなぁ」と注意をされたほどです。

 

それくらい、僕は根性ありません。笑

 

でも

だからこそ

「英会話」という「カンタン」なものに飛びついたのです。

 

しかも、最も疲れないカンタンな方法で、英語というものはしゃべれるようになることをわかっていたから。

 

要するに、「ズル賢い」のです。

 

だから、「アキラ式英会話」は、とにかく何でも汗水垂らして苦しんで頑張らないと気がすまないという、いわゆるドMな人にはあまり向いてないと思います。

 

というか

 

おそらく日本人の多くがそのスタンスなので(文化的な美徳)、みな「英会話」が不得意なのだろうと思ってます。

 

でも、もしあなたがナマケモノなら、なおさら「英会話はカンタンだ」と思ってください。

 

そうしないと、あなたはそのための行動を起こそうという気にならないからです。

 

これは英会話以外のことでも同じです。

 

「ビジネスはカンタン」

「ピアノを弾くのはカンタン」

「泳ぐのはカンタン」

「痩せるのはカンタン」

 

なんでもいいですが

最初に「カンタンだ」を頭に刷り込めば

 

まず最初の一歩を踏み出せます。

 

最初の一歩が、次の一歩を生み、

結局はその繰り返しが

気がついたらとんでもない場所まで

私たちを運んでくれるんです。

 

 

なので

 

もし、英語ペラペラになりたいなら

 

「英会話って、カンタンだわ~」

 

これから毎日つぶやいてみてくださいね。

 

 

きっと、何かが動き始めますよ(^-^)/

僕が「英会話はカンタンだ」と言うのには、2つの理由があります。

そしてそれぞれの理由は、あなたが自由に楽しく英語をペラペラとしゃべれるようになる上で、とても大事なことです。

まず1つ目の理由は、「本当にそうだから」です。

英会話は難しいと考えてる人は、おそらく英会話を次のように考えていると思います。

日本語で例えるなら、「日本語をしゃべれるようになるには、一冊の本を書けるぐらいの文才がないといけない」

というような感じです。

伝わりますか?

日本人が全員、一冊の本をかけるくらい、きっちりした日本語の文法と言葉遣いで、興味深い文章を作れるでしょうか。

まー、たぶん難しいですよね。

でも、日本人は、みんなもれなく日本語をペラペラとしゃべれますよね?

これは、「読み書き」と「話し聞き」が違うという何よりの証拠です。

英語をペラペラしゃべれる人は、このことを知ってるんです。

私たちは日常会話をしゃべるときに、いちいち文章の組み立てなどしていません。

「なんかしらんけど」しゃべってるんです。

でもこれが、本を書くとなると、事情が変わってきます。

その方向で、プロフェッショナルな人になりたいなら、ちゃんと勉強が必要でしょう。

でも、みなさんは英語でそんな次元を目指してるんでしょうか?

たぶん、違いますよね。

買い物したり、旅行したり、道を聞いたり、外国人と普通に楽しくたわいもない話をできるようになれたら、きっと十分ですよね?

であれは、別に「本を書けるほどの知識と技術は不要」なんです。

そのスタンスで、「英会話」というものを捉えられるようになることが、まずは英語ペラペラになるための第一ステップなんですよね。

もう1つの理由。

これも、とっても大事です。

それは

「人は、カンタンだ、と思わないことは、やりたいと思わない」からです。

人間は基本、ナマケモノです。

何を隠そう、僕も極度のナマケモノです。

それが証拠に、最初の会社で上司から「岩瀬はすぐラクをしたがるからなぁ」と注意をされたほどです。

それくらい、僕は根性ありません。笑

でも

だからこそ

「英会話」という「カンタン」なものに飛びついたのです。

しかも、最も疲れないカンタンな方法で、英語というものはしゃべれるようになることをわかっていたから。

要するに、「ズル賢い」のです。

だから、「アキラ式英会話」は、とにかく何でも汗水垂らして苦しんで頑張らないと気がすまないという、いわゆるドMな人にはあまり向いてないと思います。

というか

おそらく日本人の多くがそのスタンスなので(文化的な美徳)、みな「英会話」が不得意なのだろうと思ってます。

でも、もしあなたがナマケモノなら、なおさら「英会話はカンタンだ」と思ってください。

そうしないと、あなたはそのための行動を起こそうという気にならないからです。

これは英会話以外のことでも同じです。

「ビジネスはカンタン」

「ピアノを弾くのはカンタン」

「泳ぐのはカンタン」

「痩せるのはカンタン」

なんでもいいですが

最初に「カンタンだ」を頭に刷り込めば

まず最初の一歩を踏み出せます。

最初の一歩が、次の一歩を生み、

結局はその繰り返しが

気がついたらとんでもない場所まで

私たちを運んでくれるんです。

なので

もし、英語ペラペラになりたいなら

「英会話って、カンタンだわ~」

これから毎日つぶやいてみてくださいね。

きっと、何かが動き始めますよ(^-^)/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly