Return to site

英会話は、教えられない

· 英会話

こんにちは。

アキラです。

僕は、英会話ができるので、ことあるごとに

「英語を教えてーーー」

って言われることが多いんですけども

僕の答えは

「その ”教えて” っていうスタンスが、すでに違うんだよなぁー」

なんです。

もし、英語を話せるようになりたいのなら

「教えてもらう」っていう発想自体を捨てることが一番大事

なんですよね。

「教えてもらう」という考え方って

なんというか、「英語をしゃべる」という ”武器” みたいなものが

どこで売ってるんですか?どこで手に入るんですか?

って聞いてるようなものだと思うんですけども

「英語を話せる能力」っていうのは、

そういう風な、なんていうか、外から持ってきて身につけるものじゃないんですよね。

むしろ、内から満たしていくようなものなんです。

つまりは

すでに自分の中にあって眠っている「力」を、ただ引き出すだけなんです。

その「力」が何かというと

感覚(潜在意識)

です。

これを信じて、そこにゆだねること

それが答えなんですよ。

でも、

「理屈(=顕在意識)」に偏って生きてきた現代の大人たちは

そんな力があることを信じられない

だからこそ

「外」に答えを求めてしまう。

ホントウは、「中」に答えがあるというのに。

だから

もし、あなたが「英語をしゃべれるようになりたい」という気持ちがあるなら

少なくとも

「どうやったらいいか教えてー」

という考え方は、手放しましょう。

だって、

英会話は、「学ぶ」ものじゃなく、

ただ「慣れる」ものだから。

ただひたすら

見て聞いてマネして、を繰り返しているうちに

勝手にあなたの「感覚」が

あなたをいつのまにか英語をしゃべれるように「してしまう」

ものだから。

だから

あなたの「感覚」のパワーを信じて

そして、それを育てていってあげてくださいね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly