Return to site

「力む」より「ゆるむ」のが英会話

· 英会話

こんにちは。

アキラです。

 

「アキラ式ペラペラ英会話」は、その名のとおり「ペラペラ」になることを目指しています。

だって、その方が、ラクだし、楽しいですからね。

 

日本でほとんどの人が「英会話」が不得意、苦手だと感じているのは

英会話、というか、英語に対して

「力んできた」

からだと思ってます。

 

「力む」というのは

いわゆる「学校英語」です。

 

文法と単語というものを力技で暗記して

英語の文章を力技で組み立てて

相手にその文章を力技で発音して伝える

 

それでも「英語をしゃべる」ということは不可能ではないでしょう。

ストイックな人は、そのアプローチでいいんだ!って人もいるかもしれません。

 

ただ

僕自身は

そのやり方だと、途中で挫折しやすいと思うし(ツラいのがキライなタイプなので)

そもそもそのやり方って、そんなに楽しいのかな?って思うし

そもそも「力む」って、自分の脳が持っている本来のパワーが100%引き出せてなくてもったいないなーって思います。

 

でも、「力む」っていうのに

日本人って慣れちゃっているんですよね。

「がんばる」

っていう価値観に。

 

 

素朴な疑問なんですけど

僕らって、日本語を「力んで努力した」からしゃべれるようになったと思いますか?

 

そうじゃないですよね。

むしろ、心を開いて、「ゆるんで」いたからこそ

聞けるようになったし、しゃべれるようになったワケですよね。

 

そこには何の劣等感もなく

なんのプレッシャーもなく

ただただ、聞いて、ただただしゃべるを繰り返していただけ。

「わからないからダメだぁーーー」とか

「本当にできるようになるんだろうか・・・・」なんて

これっぽっちも思ってない。

 

 

「力む」アプローチで進んだ時にぶつかる壁は、「疲れ」や「苦しさ」であり

「ゆるむ」アプローチで進んだ時にぶつかる壁は、「劣等感」や「不安」。

 

で、大人になるとどうも、この「疲れ」や「苦しさ」には耐えられるけれど

「劣等感」や「不安」っていうものには耐えられないみたいですね。

 

で、子供は逆だと思うんです。

「つらいこと」や「キツいこと」ってイヤ。

でも

「劣等感」とか「不安」にはめっぽう強い。

というか、そんな感情がそもそもない。

 

「劣等感」や「不安」なんてものは

大人から植えつけられるもの。

 

 

僕は、ここにこそ、真の「英会話」上達のカギが潜んでいると思うんですよね。

 

「アキラ式英会話」は、ある意味

現代の「大人」たちに、「子供」に還る時間を提供するものなんだと思います。

 

だからこそ、「異質」で「異端」ですし

だからこそ、ものすごい可能性を秘めていると思うのです。

 

これまでの日本でずーーっと行われてきた

「力む」英会話というアプローチの限界は

この「ゆるむ」英会話が突破すると思っています。

 

 

 

まさに

「柔よく剛を制す」

ですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly